イオン銀行での借り換えはどう?

住宅ローン借り換えについてイオン銀行のサイトを見てみたら、「ローン残高1,000万円以上、残期間10年以上、金利差1%以上なら、借換メリットが期待できます!」と、でかでかと提示されててすごく興味を持ちました。
例えもすごくわかりやすくて、お得になりそうな予感プンプンです。
イオン銀行で借り換えを行う場合の注意点としては、イオン銀行の当初期間固定金利プランは手数料の定率型と定額型があって、今現在、定率型なら手数料が借入金額×2.
16%(最低取扱手数料216,000円)で定額型よりも借入利率が年0.
2%低く設定されています。
一方で定額型は、一律108,000円ですが定率型より借入利率が年0.
2%高くなります。
これは自分の場合どちらの方が得になるのか?っていうことをしっかり計算しておきたいってところでしょうか。
ちなみに保証料は無料ですので、この点は節約できます。
借り換えシュミレーションもネットから簡単にできるので、目安として返済金額の変化を知っておきたいときには利用してみると便利だと思います。
住宅ローン借り換えシュミレーションでお得な銀行は!【諸費用最安は?】