外貨mmfには満期なし?!円高や円安の影響は?

外貨mmfには、特に決まった「満期」というものがありません。
ここが、外貨預金との違いであり、安心感でもあります。
円高や円安などの為替の動きは、本当は誰にも分からないものです。
政策が100パーセント正しくても、小さなスキャンダルで政権が変わる事は、どこの国でもあり得ます。
予期せぬ円高、予期せぬ円安が訪れても、外貨mmfであれば、好きなタイミングで売買することが出来ます。
今は不利だから、しばらく長期保有しておき、有利になったら売ろうという方法がとれるのです。
すでに株式や国内の投資信託を所有しているなら、そこに外貨mmfを加えるのは、資産のリスク分散の方法として最適です。
どこかがマイナスならば、どこかで自動的にカバーするという理想的なお金の流れを作るため、その第一歩になってくれるでしょう。
外貨MMFを徹底比較!手数料が安く利回りが良い業者を選ぶコツ