フラット35金利とつなぎ融資について

つなぎ融資とは、本来の目的となる物を購入する際に手持ちの資金が足りない場合、一時しのぎの間に合わせで受ける融資のことです。
フラット35の場合、住宅も検査対象になりますから、融資の審査の際には住宅が完成していなければ申し込むことすらできません。
従って、中古住宅や建て売り住宅ならば問題ないのですが、新築住宅の場合は「借りたいけれど借りる資格が無い」という矛盾に突き当たってしまいます。
住宅は着工時、棟上時、竣工時の3回に分けて支払いをするのが通常ですから、資金が無ければ住宅は建ちません。
その解決策として登場するのが「つなぎ融資」です。
住宅が完成して住宅ローンの契約が締結されるまで間に合わせとして借入れ、住宅ローン契約が完了したら一括返済するというシステムで、金利は住宅ローンよりは高めに設定されています。
http://xn--t8jhqxa6dwbd5s6663fs9la.com/